風呂敷の由来やデザイン、日本人の知恵などをお伝えしています。

つつみ純子へのお仕事のご依頼、
  ご意見・ご要望等はこちらから

なぜ名前が風呂敷となったのでしょう? part7

why7

風呂で使われなくなった風呂敷ですが、商業の発達とともに、商人に多用されるようになります。
様々なものを売る商人たちが、商品を包み、運び、売り歩いたと思われます。このようにして、風呂とは関係なくなったけれども、名前だけが風呂敷として今に残っています。